フリーランスとは、会社で勤務している人のような団体行動ではなく、単独で仕事をする人のことを言います。
一人で仕事をする分フットワークは軽く、生活や仕事に対する自由度はかなり高くなっています。
しかし、会社のように誰かに守ってもらえる訳ではないので、仕事に対して全責任を常に負わなければなりません。
孤独な仕事だからこそ、責任を持って取り組む必要があります。
 さらに、仕事を見つけることができなければ収入は0であり、また、実力がなければ必要とされないため仕事が回ってこないこともあります。
会社勤務であれば、仕事が無くなることはありませんが、フリーランスは自分で仕事を見つける必要があり、さらに信用される必要があります。
孤独であるだけでなく、実力主義となるため、安易な気持ちでなろうとしてはいけません。
フリーランスとして働く前に、まずは会社に勤務し、自分の知識を増やし、技術力を磨いていきましょう。
 仕事する上で必要な実力を向上させた後は、練習として副業から始めると良いです。
副業なら、会社に勤めながら取り組めるので、気持ちは比較的楽になります。
この副業が安定して収入を得られるようになった後に、会社を辞めてスタートすると、スムーズに一人で仕事に取り組めるでしょう。
両立するよりも、一人で取り組む方が苦労する点は多くなるが、会社の給料以上にたくさん稼げるようになります。
さらに、時間に縛られることなく働けるので、ストレスフリーな生活を手に入れることもできます。